新着情報

■11月4日腹話術 テクニック講座Vol.05
11月4日土曜日に楽しいワークショップを開催します。詳細は左から「わーくしょっぷ」を選んでクリックしてください
残席1名となりました。

活動報告


■9月3~4日 腹話術合宿研修会in熱海 に講師として参加しました
全国から腹話術の熱心な仲間が110名集まって、勉強会をしました。オープンマイクは5分という決められた時間内に演技をしなくてはなりません。「時間です」と言われたら、途中でも演技を止めて先生方の講評を頂いて帰ります。色々な切り口で腹話術を見せていただいてこちらが勉強になりました。私の講題は「腹話術とエンターテイメント」です。靴下の人形を使って腹話術をするのですが、普通に出して演技するとこんな感じ、そしてもっとエンターテイメント性を入れるとこんな感じになるということでBefor After 形式で観て頂きました。エンターテイメントというのは「娯楽」と言う意味ですがエンターティナーとなると話しは別です。観客を魅せられる人がエンターテイナーなのです。プロ・アマチュアは関係ありません。人前に出る時は「エンターテイナー」としての心意気で、お客様を魅了していただけたら嬉しいですね。
私の生徒さんもたくさん参加してくれました。

■6月22日 兵庫県立大学の特別講師として行かせていただきました
前半はブスガイドの格好で、生徒さんには「柳井先生は私の姉ですが、本日少し遅れますので、その代わりに妹の私が皆さんに腹話術のやり方をお教えしますだ、んだんだ」みたいな感じでスタート。後半は休憩を入れて着替えて、柳井先生として登場しました。ブスガイドと私が別人だと思う生徒も数人いたらしく、報告がありました(笑)
将来管理栄養士になる学生が多く、人前で話すことも多い仕事です。パペットを仕事に活用して欲しいと思っていますがその前に、大きな声ではっきりと話しをすることが大切だとお伝えした上で、かなり発声練習にも力をいれました。
台本も作って、前に出てきてもらって発表。面白い台本もありました。腹話術を知らない世代に、実際腹話術を見てもらえるのは楽しいことです。感想文もかなりしっかりしていて、勉強になりました。

■8月3日 長野県飯田女子短期大学の特別講師として行かせていただきました
将来、養護教員(保健室の先生)になる学生と、保育士になる学生にそれぞれ授業をさせていただきました。学科によって雰囲気が全く違うので驚きました。養護教員になる学生は大変おとなしいし、保育士を目指す学生は人数も多いせいもあるのですが、元気いっぱいでした。腹話術の実演を見たことある人と聞いたら、全体の1割もいるかいないかでした。絶滅危惧種ですね、腹話術(笑)「これは実演を見せて差し上げることがまず、一番!」と考えておサルのさんちゃんを少しと他の人形も少しだけさせてもらいました。まぁ、びっくりすることと言ったら!! 腹話術の楽しさをお伝えしつつ、パペットは仕事に使えるようになると、大変に楽しいことを体験してもらいました。笑顔が絶えない授業になって大変楽しかったです。前に出てきて実践してもらうと、あっと言う間に時間も立って楽しそうでした。

■4月2日日曜日 なにわ人形芝居フェスティバルに出演しました
晴天となったこの日は、たくさんの人が詰め掛けて大盛況のフェスティバルとなりました。どの境内にも桜は咲いてなくて残念でした。例年なら満開なんですよ。
お陰さまで私の公演の第一部は100名ほどの入りでしたが、第二部は200名のお陰さまで満員御礼となりました。愛媛県からわざわざ駆け付けてくださった方もいらして、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。さんちゃんがバナナが欲しいので会場に「バナナを持っている人いませんか?」と聞いてみたらな、なんとバナナを持っている子どもがいて持って来てくれました。嬉しいなぁ!! さんちゃんも大喜びでしたよ。公演後、交流タイムがあったので、写真を撮ったりパペットと握手をしたりして楽しい時間もありました。たくさんのご参加、ありがとうございました!!
他の会場では同じく腹話術や人形劇などもたくさんやっていましたよ。
 ピンキーと握手で大喜び!

 たくさんのお客様がいらしてくださいました

  
バナナをもらったさんちゃん、大喜び!     世界で一番小さな人形劇場    腹話術0884(おはやし)君

あつ子の部屋

■夫が亡くなりました後、大変多くの方々から励ましのお言葉やお手紙を頂戴いたしました。私の仕事を手伝ってくれた夫でしたので、ご存じの方も多く「穏やかで優しいご主人で、やないさんをいつも支えておられましたよね。やないさんご主人がおられなくなって大丈夫ですか?」とたくさんの方からお声を頂戴いたしました。夫が亡くなって「大丈夫です!」と言う方はあまりお見かけしませんが、私は今回、仕事があることにとても感謝しました。長野県飯田女子短期大学での仕事のついでに、飯田人形フェスティバルにも立ち寄り、いくつかの演技を観てきました。昨年の8月には夫と共にこの飯田フェスで腹話術の公演をしたのです。その10ヵ月後にまさか夫が亡くなるとは夢にも思いませんでした。飯田には思い出がたくさん詰まっています。この度の事では、みなさまにご心配をおかけしましたが、これからも頑張って楽しい腹話術を続けて参りますので、応援してくださいね。

飯田エフエム放送に出演しました
8月3日の午前11時45分から12時の15分間声の出演をしました。きっかけは、昨年8月の飯田人形フェスティバルに「おとなのための腹話術」として出演したのですが、それを観ていたお客様のお一人がこの飯田FM ののアナウンサーの佐藤さんでした。飯田フェス会場でウロウロしてましたら、佐藤さんからお声をかけてくださったのです。私の腹話術を覚えてくださいったのです!嬉しかったぁ~ 急な話だったのですが声の出演が決まりました。

練習が教えてくれること
生徒さんで練習が三度の飯より好きだという方にあまりお目にかかったことはありません(笑)誰でもどんなお稽古で練習というもの億劫になります。私の生徒さんで練習が特に嫌いな方がいました。その方曰く「あまり練習すると台本が楽しくなくなるし、たまに練習したほうが上手だったりするからあまりやりません」と豪語されていました(笑)昨年の発表会は彼女にとって2回目でした。どうした訳か今回は彼女なりにいつもより遥かに練習したそうです。その成果もあり、とても楽しくて工夫もあり、評判もなかなか良い出来でした。その後彼女が言ったことが、「先生、やっぱり練習って凄いですね。やればやるほど、工夫が浮かんでくるのです。あーした方が良くなるなぁとか、こーしてみたらどうなるだろう・・とか浮かぶんです。そうすると楽しくなるんですね。練習の先にあるものがやっとわかりました!」 
嬉しいご発言!!(笑)たくさん練習すると、人形がセリフや動きを教えてくれるのですよ。それが人形と術者の心の通いなのです。
じっと片隅に人形を置いても、人形は教えてくれません。背中に手を通して、どうかあなたの手の温かさを伝えてあげてくださいね。

あなたの手からでるそのパワーで人形は動きだします。

今日は何を伝えてくれるのかなぁ~

■日本ほめる達人協会認定講師になりました
半年の勉強を通して、褒める事の大切さを「話す力」「書く力」「プレゼンする力」とあらゆることで、かなりの勉強をさせて頂きました。無事修了証も頂き卒業できましたことが嬉しいです。ほめる達人の認定講師としても、活躍出来たら嬉しいです。腹話術の教室で、あるいは大学の講師としても、ほめ達で学んだことを一人でも多くの方々にお伝えしたいです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

■日本国中へ発信したい
腹話術の楽しさを日本国中に発信したいです。腹話術を習う方は昔に比べれば増加の傾向にあります。とても喜ばしいことですね。日本でプロの腹話術師は一体何人いるのでしょうか?私は全く数字がわかりません。東京、大阪、神戸などでは腹話術はライブや寄席などで観れますが、北関東や東北ではなかなか腹話術ライブを見ることができません。押しかけていく訳にもゆかず(笑)・・・ どうしたものかと考えています。 今回のように栃木県や茨城県から招いてくださるのは涙が出るくらい嬉しいです。全国ツアーが夢です。津々浦々まで回って大人のための腹話術から子どものための腹話術まで観て頂きたいなぁと思います。 離島でも島の子どもたちに会いたいです。お気軽にご相談ください。お待ちしております。

お知らせ


[2017年のスケジュールはこちら]







なかまたち 動画あり